オープニングスタッフの落とし穴

オープニングスタッフの落とし穴

保健師の資格を生かして、病院で仕事をしてみたいと思い、近くでクリニックがオープンすると知り興味を持って応募しました。他のスタッフも同じタイミングで採用されたので、同期のような感じで結構仲良く仕事をしていました。何といっても、きれいな職場で仕事のできるのは気持ちがいいですね。一見すると環境が良かったので、長く仕事を続けていきたいと最初の内は思っていました。しかし仕事をしばらく続けていくと、オープニングスタッフならではのいろいろな問題が生じたのです。

 

まず患者さんの数が安定しません。このため、極端にすることがなく暇な時もあれば、スタッフで患者さんの対応しきれないくらい多く来てバタバタしてしまうこともありました。いつ仕事が発生するかわからないというのは精神的に厳しいです。

 

また開業したてのころは、このようなことが起きればこう対処しろというマニュアルがありません。いちいち自分たちで考えて行動しないといけないので、結構働きにくいと思った方がいいですよ。